韓国政府 安保協力と世論のはざまで対日関係に苦慮

80pt   2017-02-17 00:00
ザ・ワールドニュース

4fb8516b.jpg

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/02/15(水)16:05:29 ID:??? 韓国政府 安保協力と世論のはざまで対日関係に苦慮

【ソウル聯合ニュース】相次ぐ悪材料により韓日関係が悪化の一途をたどり、韓国政府が対応に苦慮している。

 旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が釜山の日本総領事館前に設置された問題で冷え込んだ韓日関係は、
日本政府が14日、独島を「わが国固有の領土」と明記した学習指導要領改訂案を発表したことでさらに溝が深まった。

 改訂案は小中学校の社会科学科目で、独島と尖閣諸島を「日本固有の領土」と教えることを義務付けている。
現在も日本の教科書には独島と尖閣諸島が日本の領土と表記されているが、法的拘束力を持つ学習指導要領に
このような内容が明示されるのは初めて。

(略)

 一方、外交部の鄭炳元(チョン・ビョンウォン)東北アジア局長は同日午後、在韓日本大使館の総括公使を
ソウルの外交部庁舎に呼び抗議したが、召喚を事前に公開せず、事実上非公開で進めた。

 韓国政界の一部からは、駐韓日本大使の一時帰国に対抗し、駐日韓国大使を帰国させるべきとの強硬論も出ており、
それに比べれば今回の措置は程度を調節したものと評価される。

 韓国政府が非難レベルなどを調節したのは、日本の学習指導要領が最終確定したものではなく、約1カ月かけて意見をまとめ、
3月ごろに最終確定する予定であることを考慮したためであるとされる。ただ、最終確定の段階で独島領有権の主張が変わる
可能性は低く、韓日関係を破綻させないための韓国政府の苦慮が反映されたものとみられている。

 国内世論などを考慮すれば、非難の強度を強めることもできるが、日本の挑発に乗って強硬対応した場合、
独島の領有権を紛争化させようとする日本の意図に巻き込まれる可能性があるという懸念もあったとみられる。

続き 朝鮮日報
c?ro=1&act=rss&output=no&id=7222957&name
   国際ニュースあんてなトップページへ
国際ニュースのアンテナサイトの話題が沢山。