韓国人「日本軍の強姦と略奪はありふれた物だった‥」日帝強占期に日本軍が慰安所設立と管理に関与した事を示す史料4件が発掘される! 韓国反応

18pt   2017-08-12 08:30
世界の憂鬱


( 聯合ニュース)「戦闘地域にある最前線兵士達は、強姦と略奪はごくありふれたものだった。 (中略)強姦を防止するため、軍は占領後ただちに許可された共用、慰安所を設立(establish)した。」

4cd4dda8.jpg

国史編纂委員会は、独立記念日を控え、米国国立文書記録管理庁(NARA)で、日帝強占期に日本軍が慰安所設立と管理に関与した事を示す史料4件を発掘して11日に公開した。

今回発掘された「東南アジア翻訳尋問センターの心理戦時報第182号」は、日本の女性のためのアジア平和国民基金が発行した慰安婦資料集に一部が収録された。 しかし、この資料集には、日本軍が慰安所設立に乗り出したという内容は含まれなかった。

この時報によると、日本軍は強姦と略奪を戦争から分離することができない部分と考えており、マレーシア人女性たちは、日本軍の強姦を避ける為に髪の毛を短く刈ったり、男の様に服を着た。

c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   国際ニュースあんてなトップページへ
国際ニュースのアンテナサイトの話題が沢山。