韓国人「私の父は日帝に14歳の時騙されて連行された」残忍な日本は何故謝罪をしないのか?強制徴用労働者像がソウル龍山駅広場に建てられる 韓国反応

22pt   2017-08-13 17:30
世界の憂鬱


「残忍で非情な日本政府…。私は今も彼らの良心を何と評価すれば良いのか分かりません。なぜ彼らは若者達を強制的に連行して、苦労させても謝罪の一つも無いのか、そして大韓民国政府は何故彼らに責任を問わず、ただ、じっとしているのか…我々が皆死んで居なくなる時を待っているのか…」-強制徴用被害者の金漢秀おじいさん。

55649ea3.jpg

韓国労総と民主労総、市民社会団体で構成された「強制徴用労働者像建設推進委員会」は解放72年後の12日午後、ソウル龍山駅広場で労働者像の除幕式を開いた。

銅像が建てられた龍山駅は、日帝強占期に強制徴集された朝鮮人が集結したところだ。 人を奴隷のように受け入れ為、当時「人間倉庫」と呼ばれた。連行された労働者たちは日本とサハリンなどの鉱山、農場、軍需工場に送られて搾取された。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   国際ニュースあんてなトップページへ
国際ニュースのアンテナサイトの話題が沢山。